Loading...
動画ナビ2021-08-18T22:48:04+09:00

【90秒でわかる】UiPath Orchestratorの導入効果、メリット

概要: RPAの全社展開を考える場合、必須となるのが管理機能です。UiPath製品には豊富な管理機能を持つUiPath Orchestratorがラインナップされています。 管理機能を使わずに導入した場合のリスク、管理機能のもたらすメリットについてご紹介します。

RPA導入に適した業務、優先させるべき業務とは

RPAをどの業務に導入しようか、お悩みの方も多いかと思います。適した業務、優先させるべき業務をきちんと理解した上で導入を進めることは成功への重要なポイントとなります。そのような観点から5つの業務をご紹介します。

自治体でも進むRPA、その導入効果とは

民間企業で先行した感のあるRPAの導入ですが、ここ最近は自治体における導入例が話題に上がることが増えてきました。なぜ、自治体でのRPA導入が進んできたのか。注目される理由、自治体特有の背景などをご紹介します。

RPA化でよくある失敗① ~事前準備~

ビジネスシーンにおいてますます注目度を高めているRPA。確実に導入を進めるためには、失敗例を知ることが役に立ちます。多くの失敗例から浮かび上がる、陥りがちな失敗の原因を3つ紹介します。

失敗しないRPA導入の6つのステップ

社会情勢の変化に伴い、ますます注目と期待を集めるRPA。確実に導入するために留意するべき点を踏まえ、RPA導入の全体の流れについて、大きく「6つの工程」に分けてお話しします。

福岡市役所様 iGrafx導入事例紹介③ ~実際の運用方法~

この度、福岡市役所様のiGrafx導入事例がリリースされました! 業務プロセスの改革を進めてきた福岡市様。 BPMNで業務フローを作成されていますが、現場の担当者の方が実際に管理・運用されています。 今回は「iGrafxの導入効果」について、可視化コンサルタントの鈴木裕が解説いたします。

福岡市役所様 iGrafx導入事例紹介② ~iGrafxの導入効果~

この度、福岡市役所様のiGrafx導入事例がリリースされました! 福岡市様は人口1万人あたりの職員数が政令市の中で最も少ないこともあり、 より効率良く作業することが求められてきました。 今回は「iGrafxの導入効果」について、可視化コンサルタントの鈴木裕が解説いたします。

福岡市役所様 iGrafx導入事例紹介① ~本事例のポイント~

この度、福岡市役所様のiGrafx導入事例がリリースされました! 積極的にDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、BPMNフローを全国自治体に先駆けて導入された福岡市様。 今回は「本事例のポイント」について、可視化コンサルタントの鈴木裕が解説いたします。

RPA×AIが拓く未来

~RPAツール・UiPathセミナー講師による90秒解説シリーズ~定型業務のお手伝い → 判断を伴う非定型業務へ。AIとのコラボレーションによりRPAの役割は大きく広がりつつあります。これからの企業活動の中核を担うRPAの活用について、 そして将来への展望についてお話しします。

【業務改善】事前準備で気をつけるべきポイント4選

コロナ禍により在宅・リモートなど勤務形態が変わっていく中で 社会の変化に適応するためにも業務改善が必要とされています。 今回は、業務改善を進める第一歩として 事前準備で気をつけるべきポイントを4つご紹介します!

RPA全社展開のメリット④ ~利用形態編視点~ ワークフロー管理もできるんです!

~RPAツール・UiPathセミナー講師による90秒解説シリーズ~RPAの急速な進歩は 人間のお手伝いといった脇役から、 RPAを中心にワークフローを考える 業務の中核を担う重要なポジションに押し上げて来ました。 一歩進んだRPAの活用、エンタープライズ型RPAの導入がもたらす 本当のメリットについてお話しします。

RPA全社展開のメリット③ ~開発体制視点~

どんなツールを選択すべきか、どんな体制で導入を進めるべきか。 これまで多くの企業が苦労してきた点、学んできた点、 エンタープライズ型RPAは考え方、概念の発展系とも言えます。 RPAの全社展開を効率よく進めるために必要な機能、 そして確実に進めるための体制づくりのヒントについてお話しします。

全社展開のメリット② ~対象業務視点~

RPAの急速な技術的進歩により信頼性が大幅に向上した結果、 これまで導入に踏み切れなかった多くの部門、 そして業務へのRPA導入に成功する事例が増えてきています。 これまでの固定概念を少し離れて、 RPAの現在について、そして将来への展望についてお話しします。

全社展開のメリット①~利用部門視点~

RPA導入の真のメリットはどこにあるのか? 間接部門の補助的な業務で進められてきたRPAの導入、 しかしRPAがもっとも威力を発揮する場所は むしろ基幹業務の中に隠れている場合が少なくありません。 それは何故か? エンタープライズ型RPAの導入がもたらす”本当のメリット”についてお話しします。

RPAお悩み解説 全社展開の進め方

全社展開を効率よく進める鍵を握る、トップダウン開発とボトムアップ開発の合わせ技。ところが思うように進まない!適切な管理が抜け落ちると必ず生じる、あんな問題やこんな問題...RPAの全社展開における「管理」の重要性についてお話しします。

RPAの全社展開で社内の足並みが揃わない時

RPAの全社展開を推進する導入担当者が共通に抱える悩み。PoCは上手くいったが、これを全社に展開するにはどう進めたらいいのか。よく聞くけれども、なかなか厄介な問題に焦点を当て、体制づくりから、RPAの確実かつ効果的な導入についてお話しします。

エンタープライズ型RPAって何ですか?

これからRPAの本格導入を進める全ての企業、そして導入担当者にお勧めしたい、全社展開の鍵を握るエンタープライズ型RPA。そもそもエンタープライズ型R P Aとはどういう概念なのか?単純作業からの解放だけではない、RPAの本当の価値を解説します。

Go to Top