UiPathの動画でRPAの理解を効率的にわかりやすく

時代の先を見据えてRPAの導入や、未来的知見を広げようと考えるならまずは、RPAがどういうシステムなのかということを理解しなければなりません。しかし、RPAへの理解は本などから得る情報だけでは全体像が掴みにくく、頭から難しいと印象付けられてしまうこともあります。そのため、UiPath社ではRPAの全体的なあり方やツールとしての多くの可能性を、動画でわかりやすく説明しています。この方法は非常に効率的で負担が少ないのでとても学びやすいでしょう。

UiPathの動画は導入前にも導入後にも役立つバイブル

UiPathの動画は、RPAの開発に必要な知識や実践的な作業を見ながら説明し、知識を増やしていけるツールとなっています。また、RPAに関わったことのない初めての方でも理解でき、またもっと深く追求して勉強したい方でも役に立つ内容が揃っています。RPAの導入を検討している場合でも、どういった用途で使えるのか、導入して無駄がないかなど、自社での使い道を考えるのにも役立ちます。まだ、導入の時期に達していない企業でも、RPAについて知っていることは今後の計画に立てるのに有益な情報となるでしょう。知識として蓄えておくことは他者との関わりやビジネス上、有利に働く可能性もあります。
また、これらの動画はRPA導入時に検討する材料にもなりますが、実際に導入した場合のイメージも掴みやすくなります。実践の操作が組み込まれて作られたものですので、多くの操作がリアルな画面と比較できます。導入後は同じケースの画面を並べて検証したりとマニュアル感覚で必要な時に開くことが可能です。
RPAは企業によってその使い道が多種多様化してくるツールとなるので、そのマニュアルも多種多様である必要があります。多くのケースが組み込まれたUiPath動画は導入後もバイブルとして必要となるでしょう。

優秀なUiPathアカデミーのトレーニングプログラム動画

優秀なUiPathアカデミーのトレーニングプログラム動画

UiPathアカデミーの動画にはさまざまなコンテンツが揃っており、RPAを理解したいというところからフルに活用する術まで、多くを学び掴むことができます。また、一定の場所で決まった時間に受けなければならない講義などとは違い、どこからでもアクセスでき、自分のペースで学習を進めることができるので普段の仕事や業務を邪魔することがありません。各コンテンツでは、様々な作業に関わる知識と実践例などを示しながら丁寧に解説しています。また、わかりそうでわかりにくい用語の説明なども加えながら進めています。
RPAの導入から運用、管理まで一連の過程と作業操作のトレーニングが行なえ、実践に役立つデモンストレーションなども多くあるので、身につきやすいこともおすすめするポイントです。
UiPathアカデミーでは「トレーニングコース」と「資格制度」があり、トレーニングコースはさらに技術者向け、推進者向けといったコースに分別され、自分が学びたいコースを選ぶ事ができます。資格制度ではトレーニングで学んだRPA開発の習熟レベルを測ることが可能です。各コースは選んで学ぶこともできますが、複数学ぶことも可能、プログラム内のコースを修了すると修了認定証が発行されるなど、確実なスキルアップも実感できます。もっと視野を広げるなら、eラーニングや集合研修などステップアッププログラムも用意されており、深堀りしていくことも可能です。

RPAの初歩から学べるから安心

RPAの初歩から学べるから安心

RPAの内容をよく理解できていないにも関わらず、導入に伴い担当チームに配属されたり、取りまとめる役職についてしまったといった場合にも、UiPathの動画が役に立ちます。本格的にプログラムを組んだり開発したりといった実務をすることはなくても、全体を把握しておくことでさまざまなプランを組んだり提案をしたりといったことができるからです。動画では全体的な流れやシステムの基本もわかりやすく説明しています。例えばUiPath Studioを開くところから自動化を実行させていくプロセスについても極めて初歩的な内容もわかりやすく簡潔に説明しています。プロセスをどんどん進めていくというよりも、よくありがちなエラーも含め、またそのエラーに対する解説もしながら丁寧に進行しています。途中で迷ったり分からずに挫折してしまうといったことがなくなるように配慮されています。
RPAの把握に役立てたい場合には、これらの内容も含む動画が動画配信サイトで一部無料で提供されているので利用してみるのもいいでしょう。

最後に

RPAツールは理解しづらいというイメージも強く、理想ではあっても実現に至り難いのではと尻込みをしてしまいがちですが、UiPathの動画を見ることで具体的なイメージを掴むことができ、意外にハードルは低いと感じられることでしょう。自社のケースに当てはめてイメージすれば、RPA自動化の導入ビジョンがより現実的なものになります。

【無料プレゼント】RPAを検討中の方はぜひ入手してください

【無料】UiPathについての資料請求・見積請求・お問い合わせ

製品比較の際にUiPathの詳細資料も一緒にいかがでしょうか