【ポイント解説】ペーパーレス化の進め方・導入期間の目安は?

社内でペーパーレス化を推進する際、気になるのはその進め方や導入期間ではないでしょうか?今回は実際の事例を踏まえて、ご紹介いたします。

ペーパーレス化の進め方

ペーパーレス化は、一部の業務から段階的に進めることをお勧めいたします。
段階的に進めていくことで以下の効果があります。

・ペーパーレス化の導入効果をすぐに実感できる

・一部の業務から始め、徐々にペーパーレス化に慣れていくことで、現場への影響を最小限にできる

ペーパーレス化の具体的な進め方は以下の3つのステップになります。
この中の「1.業務の可視化」にてペーパーレス化する対象業務に優先付けをし、一部の業務から段階的にペーパーレス化を進めていきます。

導入事例

購買・支払い系業務でのペーパーレス化を行った事例をご紹介します。

事例イメージ

本事例では、紙の書類を電子化するだけでなく、ワークフローにて購買情報等を基幹システムへ自動登録するといった、業務課題の改善も行いました。これによりペーパレス・リモートワークを推進するだけでなく、業務効率化やタスク管理機能の強化を行うことができました。

導入期間の目安

対象範囲をどこまでにするかで導入期間は変わりますが、上記導入事例では「1.業務の可視化」「2.業務の標準化」にそれぞれ約1.5ヶ月、「3.プロセスと文書のデジタル化」に約3ヶ月という期間で導入しました。

【無料】課題解決のためのソリューション資料

【資料請求】業務プロセス改革ソリューションのご紹介【株式会社協和エクシオ・株式会社サン・プラニング・システムズ】