【リモートワークあるある】社内手続の遅延を解消するためには

「発注依頼申請をしたが、申請・承認処理が途中で滞留していた結果、期日までに物が届かない」このような問題はありませんか?この原因は申請・承認処理の状況が把握できないという業務プロセスにあります。

リモートワーク以前は、業務プロセスに問題があっても、関係者と密にコミュニケーションを取ることで滞留のリスクを避けられていたかもしれません。しかし、現在のコロナ禍においては、以前のような円滑なコミュニケーションを取ることが難しくなっています。

リモートワーク化における問題の把握には、業務の可視化による実態把握が重要

このように、従来の業務プロセスをリモートワークで行うことで、新たに発生する問題を把握するためには、まずは業務プロセスを見える化し、どのようにリモートワークで仕事が流れているか実態を把握することが解決への近道となります。

その上で、業務プロセスを関係者間でリアルタイムに把握できる仕組みの導入やリモートワークでも運用可能なセキュリティー対策など自社の業務プロセスの課題解決に最適な対策を講じることをお勧めします。

リモートワークで仕事が流れているか実態を把握することが解決への近道

(例)業務プロセスをワークフロー化

【無料】課題解決のためのソリューション資料

【資料請求】業務プロセス改革ソリューションのご紹介【株式会社協和エクシオ・株式会社サン・プラニング・システムズ】