【リモートワークの課題】社員同士の「コミュニケーション不足」はどう克服する?

リモートワークでは、社員一人ひとりが離れた場所で勤務するため、「コミュニケーション不足」が起こりやすいと言われています。

コミュニケーションが不足すると社員同士の繋がりが弱くなり、職場内の人間関係が希薄になってしまうほか、情報の伝達不足や遅れなどにより、顧客へのサービスの低下などへ影響してしまうリスクがあります。

コミュニケーション不足は見逃せない課題と言えるでしょう。

「コミュニケーション不足」の状況を解決するためには

まずは、自社が置かれている現状がどの状態かを把握し、「コミュニケーション不足」を誘発する原因を解明後、対処をしていきましょう。

一般的にリモートワークを導入するには、以下の基本ステップを実施します。

これらのステップが実施済みでない場合は、順番に実施することをお勧めします。

全て実施済みなのに「コミュニケーション不足」が生じている場合は、その原因を分析した後で、以下の追加ステップの実施検討をお勧めします。

原因分析のポイントは、現場で起きているネガティブな現象を収集し「根本的な原因」を探ることです。

【無料】課題解決のためのソリューション資料

【資料請求】業務プロセス改革ソリューションのご紹介【株式会社協和エクシオ・株式会社サン・プラニング・システムズ】