簡単そうに見える受付業務、実はやった人にしかわからないイレギュラー対応とは 

さて、今回は『簡単そうに見える受付業務では、イレギュラー対応が意外と多い』ということについてお話します。

皆様の会社での受付業務はどなたが行われていますか?

『色んなお客さんがいて対応が大変だなぁ…』

『いきなりアポなしで来るなんて、確認が面倒なんだよなぁ…』

『うちは受付専任がいないので、入口に近い私がいつも行かなきゃいけないの、億劫だなぁ…』

『今やっている仕事の手を止めなきゃいけないので、効率が悪いんだよなぁ…』

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

『スムーズなゲストの入退館とセキュリティ向上を同時に実現するAPOTORO(アポトロ)』を利用することで、このようなお悩みを解決できるかもしれませので、ご紹介いたします。

とある会社のイレギュラー受付対応ランキングです。

第1位:アポなしの来訪者

第2位:配送業者

第3位:保険の営業や飛込営業

このほかにもVIP客や訪問相手の名前を忘れた方などイレギュラー対応の頻度はとても高いです。
そして、その対応には時間がかかる。時間をかけて対応している間に待ち行列ができてしまい、訪問時間に間に合わなくなるという話もお聞きします。

受付業務って、お客様が来訪された際に「こんにちはー」と言って、入館カードや入館証を渡して終わりという訳にはいかないんですね。一番大変なのは、受付担当者ではないかと思います。
どんな相手にもにこやかに丁寧に、そしてスムースな対応を求められますからね。
心の中では「面倒だなー」と思っていたとしても、絶対に顔には出せませんし、口に出したら大変なことになります。そう。実はそんな大変なことを受付担当者の方々はやっていらっしゃるのです。

そんな大変な業務をアシストしてイレギュラー時にストレスなく対応できるシステム
それがAPOTORO(アポトロ)』もしくは『APOTORO Light(アポトロ ライト)』なんです。

アポなしの来訪者やイレギュラー時に素早い発券ができすぐにスムーズな入館を可能としています。
受付業務でこうなったらいいな、こんなことはできないのかな?というご要望や、少しでもお困りごとなどありましたら。是非私たちに気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

以下の情報をいただければ、お見積りすることが可能です。もしご興味をお持ちのようでしたら、是非ご相談ください。

・来訪者が入場できる入口の数(セキュリティゲートがあれば、通路数)
・システムを利用される想定人数(一般的にはビル内で勤務されている従業員数です)
・1日の来訪者の人数

以下APOTORO Light(アポトロ ライト)に関する情報を掲載している弊社のソリューションサイトです。是非ご覧ください。

https://www.seibu-denki.co.jp/solution/apotoro-light/

ご相談はこちらから