SD-WANが注目される背景、利用するメリット/デメリットとは?

SD-WANとは、クラウドサービスの利用やビジネス拠点の複数化により増大した、従来型インフラにかかる負荷をコントロールし、快適なネットワーク通信を提供する技術です。

SD-WANが注目される背景とは?

日本の企業の多くはインターネットやクラウドサービスの通信を、センターで一旦を集約する構成を採用しています。

しかし、テレワークの増加によるTV会議利用の増加や、オンプレ環境で利用していたシステムのクラウドサービス(例 Office 365)への移行に伴い、今までなかった通信負荷やボトルネック・が起こる可能性が高まり、それらの問題が顕在化した際は直接業務へ影響を及ぼす状況となっています。そして、その問題となる箇所は特にセンター側に多く見られます。

SD-WANはそれらの問題を緩和するべくセンターへ集中する通信をインターネットへ直接つなげるようにする通信トラフィックの制御や、企業であまり活用されていないバックアップ回線や負荷の低い回線を有効活用できるようにする(回線ボンディング、オーバレイ)、またネットワーク状況を可視化することで、状況に合わせた適切な管理や投資が出来るようになります。

利用するメリット/デメリット

そういったことを防ぐためには、運用メンバのスキルアップが必要になってきますが、自社でそのような技術者を常に確保しておくことは容易ではありません。きちんと構築から運用まで一気通貫で面倒を見てくれるパートナー企業へ依頼することが良い選択しとなるかもしれません。例えば協和エクシオではSD-WANの導入前のコンサルから構築、運用、保守までを一貫してお任せいただけます。

クラウド導入における運用管理をもっと楽にする3つのポイント