事例概要

【事例ナビ】可視化による全社的なリスク・影響分析 – 世界銀行グループ

【業務プロセス可視化事例】可視化による全社的なリスク・影響分析 – 世界銀行グループ

業務効率化に向けて全社レベルの可視化プロジェクトを推進。サイロ化していた情報を一元管理する環境を構築。
世界銀行グループでは、iGrafxを活用して、「全社ビジネスプロセス可視化プロジェクト(以下、可視化プロジェクト)」に取り組んでいる。その経緯と成果について、世界銀行グループの李 章容(Jang Yong Lee)氏にお話を伺いました。

世界銀行グループ

本社所在地: アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
設立: 1944年
職員数: 10,000人以上(全世界)
概要:  5つの国際機関の総称として「世界銀行グループ」と称される。
・国際復興開発銀行(International Bank for Reconstruction and Development、IBRD)
・国際開発協会(International Development Association、IDA)
・国際金融公社(International Finance Corporation、IFC)
・多数国間投資保証機関(Multilateral Investment Guarantee Agency、MIGA)
・投資紛争解決国際センター(International Center for Settlement of Investment Disputes、ICSID)

続きは無料ダウンロードにてお読みいただけます

ダウンロードフォーム

お申込後すぐにお読みいただけます