事例概要

【事例ナビ】HACCPをベースとした生産部門における運用・管理体制の構築 アンデルセンサービス様

【事例ナビ】運用・管理体制の構築 – アンデルセンサービス様

認証のためのHACCPプランではなく、HACCPをベースとした生産部門における、あるべき運用・管理体制の構築をめざす。
世界一のクオリティベーカリーをめざすアンデルセングループでは、「安全・安心な現場づくり」への取り組みの一環として、主要5工場においてFSSC22000認証を取得、HACCPの運用にHACCPクリエータを活用している。導入の経緯と効果について詳しく伺った。

企業概要:株式会社アンデルセンサービス

 

本部所在地:広島市中区鶴見町2-19 ルーテル平和大通りビル
設立:2003年
資本金:1千万円
社員数:111名(2019年4月1日現在)
概要: アンデルセングループ各社の事業経営のクオリティ向上に貢献するため、経理、人事、採用、教育、総務、品質保証、購買、システム開発・運用、eビジネス、コンプライアンス、法務、環境問題への対応など、グループ内の専門業務を担当。制度の設計やシステムインフラの構築をはじめ、グループの横断的な基盤を整備し、グループ各社のスムーズな事業遂行を支援。また、品質保証部がISO/IEC 17025:2005の認定を取得し、さらなる品質管理の強化を図っている。

続きは無料ダウンロードにてお読みいただけます

ダウンロードフォーム

お申込後すぐにお読みいただけます

個人情報の取り扱いについて

「個人情報の取り扱いについてⅠ」